楽か!?きついか!?意外と分からないことが多い警備員やビルメンテナンスのバイト

名前はよく聞くけれど経験がない人にはあまりなじみがないのが、警備員・ビルメンテナンス系のバイトです。
きつい、暇、薄給、年配の方が多いなどさまざまなイメージがあります。
しかし、その実態をあまり知らない方も多いのではないでしょうか。
そこで、これらの仕事が実際どのようなものであるかについて説明していきます。

警備・清掃・整備

年収や仕事内容など!警備員やビルメンテナンスの実態

警備のお仕事

男性なら年齢に関わらずチャレンジできる仕事!

まず警備員の仕事ですが、社員の場合、平均年収は250~300万円といったところです。バイトなら時給1000円前後が相場ですが、派遣社員の場合はアルバイト警備員より時給が高くなる傾向にあります。

警備員として働いている層の特徴として挙げられるのは、男性が圧倒的に多く、20代前半から年配の方まで年齢層が均等に分布しているという2点です。男性なら年齢に関わらずチャレンジできる仕事だと言えます。また最近は、女性警備員の数も増えてきています
ただ、警備員とひと言でいっても、その仕事内容はさまざまです。
主なものとしては、工事現場や駐車場で車の誘導を行う交通誘導警備員、イベントやお祭りの雑踏で人を誘導する雑踏警備員、会社や大型店舗などに常駐して建物内の警備を行う施設警備員などがあります。その他にも盗難リスクのある貴重品の輸送を警備する輸送警備員やボディガードの仕事を行う身辺警備員などもありますが、これらはあまり一般的ではありません。

ビルメンテナンスのお仕事

ビルに関する何でも屋!

ビルメンテナンスの仕事内容は、ビルに関するなんでも屋になります。
照明、空調、水道、自動ドア、エレベーターなどといったビルの設備に対して、必要に応じて点検やメンテナンスを行います。施設警備員と共通する部分はありますが、より機械や電気系統についての知識を要求されます。平均年収は300万円程度ですが、専門知識を有している方ならビルの管理責任者として高収入を目指すことも可能です。

働いている層は、警備員と同じで男性が大半を占め、年齢は若者から年配者まで幅広く分布しています。

人気の職種から探す

免許や研修は必須!?警備員やビルメンテナンスの仕事を得る方法

警備員やビルメンテナンスとして働くのに特別な免許は必要ありません。
ただ、免許を持っていると、手当てが付いたり、採用されやすくなったりと有利な面が多々あります。

  • 警備員

    警備員の場合は、交通誘導警備業務、雑踏警備業務、施設警備業務、警備員指導責任者の4分野があり、それぞれ1級と2級の免許があります。
    また、警備員のバイトに資格は必要ありませんが、研修は必須です。警備員として働く前に30時間の受講が法律で義務付けられています。警備会社ではこれを4、5日かけて行う場合が多く、その間も給与は発生しますが、最低賃金で計算されるケースがほとんどです。

  • ビルメンテナンス

    ビルメンテナンスの仕事で取得しておくと有利な免許は、第2種電気工事士、2級ボイラー技士、危険物取扱者乙種4類などです。さらに、ビル管理者としてキャリアアップを目指すなら国家資格である建築物環境衛生管理技術者という免許があります。しかし、この試験を受けるには2年以上の実務経験が必要です。
    また、ビルメンテナンスのバイトにおいても事前の研修制度を取り入れているところが目立ちます。

  • 自動車整備

    ビルメンテナンスと自動車整備の仕事のどちらで働くかで悩んでいる方もいますが、自動車整備も免許は必須ではないものの、あった方が有利な点では同じです。自動車整備の免許は国家資格で自動車整備士1~3級及び特殊整備士があります。ただし、これらの試験を受けるためには1~3年の実務経験が必要です。その一方で、2カ月から1年間かけて行われる自動車整備技術講習を受講すれば、その講習内容に相当する実技試験は免除されます。

きついか楽かは気の持ちよう?夜勤の施設警備員やビルメンテナンス

一般に警備員がきついと言われるのは、立ち続ける仕事だからです。それだけであればコンビニの店員も変わりありませんが、交通誘導警備員や雑踏警備員は、北風吹き荒れる冬の寒い日も土砂降りの雨の中でも外で立ち続けなければなりません。

その点、施設警備員やビルメンテナンスの仕事は、そういった苦労とは無縁です。特に、美術館や図書館、あるいはビルのテナントなどの夜勤警備の場合だと基本的に見回りをすればよいだけなので、体への負担という意味では非常に楽です。

ビルメンテナンスでも夜勤の仕事は、巡回、昼間はできない設備の点検とモニター監視くらいです。その一方で、デパートでは、夜になると搬入作業や大掛かりな修理などをまとめて行うので、逆に忙しくなる場合もあります。

また、仕事は忙しくなくても、警備やビルメンテナンスの仕事は2人1組で監視室に長時間詰めている場合が多く、相手とそりが合わなければ精神的につらく感じるでしょう。さらに、昼夜が逆転するので体を壊したり、監視室に座りっぱなしで腰を痛めたりしてやめていくケースも少なくありません。

したがって、施設警備やビルメンテナンスの夜勤は、仕事そのものは楽なところが多いですが、仕事の形態が合わなければきつく感じる場合もあるというのが結論です。

人気条件から探す

  • 日・週・即日払いこの条件でお仕事を探す
  • 主婦・主夫歓迎この条件でお仕事を探す
  • 交通費支給この条件でお仕事を探す
  • 未経験歓迎この条件でお仕事を探す

エリアから探す

▼ 検索条件設定

+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+

+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+
+